いぼの手術が人気を集める理由【外見の印象も大きく変わります】

皮膚科を受診する前に

医者

原因と治療方法

いぼは皮膚の表面が小さく盛り上がった腫れ物の総称ですが、その状態や原因によって色々な種類に分けることができます。最もありふれたいぼは尋常性疣贅と呼ばれるもので、手や足の指などによく発生しますが、手術で比較的簡単に取り除けます。普通は痛くも痒くもなく、色は周囲の皮膚とあまり変わりません。尋常性疣贅の原因はヒトパピローマウイルスで、人から人に感染します。皮膚に小さな傷があると、知らないうちに感染していることがあります。感染しても免疫力が高いと、いぼが発生するとは限りません。またウイルスが体内を移動して、別の場所に増えていくこともあります。加齢によって発生するのが老人性疣贅で、別名を脂漏性角化症といいます。ウイルスが原因ではなく、紫外線などによって皮膚が老化したために起こります。そのため日焼けしやすい顔や首筋などによくできます。色は褐色や黒などが多く、あまり盛り上がっていない場合もあります。子供に多いのが伝染性軟属腫で、水いぼとも呼ばれています。名前のとおりプールなどで感染することが多く、原因はポックスウイルスです。多くの場合は手術をしなくても自然に治りますが、放っておくとどんどん増えていくことがあるため、皮膚科で治療する方もいます。ヨクイニンなどの内服薬でウイルスを抑える治療法もありますが、短期間で患部を取り除くには手術を行います。いぼの手術で最も一般的なのは、液体窒素による凍結療法です。綿棒に染み込ませた液体窒素を患部に当てて、組織を凍らせ破壊します。特に麻酔は必要ありませんが、痛みを感じる場合があるので注意してください。凍った患部は皮膚から剥がれ落ち、1?2週間ほどで元に戻ってきます。患部が大きい場合には何回か繰り返さなければなりません。比較的小さないぼであれば、レーザーできれいに切除できる場合があります。ピンポイントで照射できるため、凍結療法に比べて時間がかからず、痛みの少ない治療法とされています。大きさや場所にもよりますが、傷跡もほとんど目立たないでしょう。大きないぼや悪性腫瘍の疑いがある場合には、メスを使って取り除く必要があります。切開してから縫合するので、体への負担はやや大きくなりますが、上手な医師が手術すれば他の方法よりも傷跡を残さず治療できます。いぼは種類や大きさに合わせて適切な手術しなければ、すぐに再発してしまう可能性があります。素人判断で治療方法を決めつけないで、まず知識と経験の豊富な医師に診断を受けることが大切です。

Copyright© 2018 いぼの手術が人気を集める理由【外見の印象も大きく変わります】 All Rights Reserved.